読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

東京 → (サンライズ瀬戸) → 岡山 → 松山

鉄道 愛媛 松山 食べ物

f:id:daruyanagi:20170103063155j:plain

寝台列車は飛行機より高くつくけれど、繁忙期でも運賃が上がらない。つまり、お盆やお正月は相対的にお得になる(なお、それでも飛行機の方が安い模様)。――そんなわけで、今回は東京から松山への帰りにサンライズ瀬戸を使いました。

daruyanagi.jp

1年9カ月ぶり2回目の乗車。

みどりの窓口で予約

f:id:daruyanagi:20161227192643j:plain

切符は JR 市川駅のみどりの窓口で予約した。前回は JR 松山駅で予約したせいか、割とすんなり切符が買えたのだけど、JR 市川では多少手間取った。まぁ、千葉から愛媛・松山にまで行く人はそんなに多くないだろうからね、仕方ないね。「(始発駅から)松山駅までの切符」をいきなり頼むのではなく、

  • (始発駅から)JR 松山駅までの乗車券
  • (始発駅から)JR 岡山駅までの寝台券・特急券
  • JR 岡山駅から JR 松山駅までの特急券

の3つを発券してくれと頼んだらすんなりいくと思う。

ちなみに、ダイヤはこんな感じになる。

サンライズ瀬戸・出雲 しおかぜ1号 いしづち1号
東京 22:00
岡山 06:27 07:23
高松 07:27 07:37
宇多津 07:59 (←連結)
松山 10:05

岡山駅で特急しおかぜ1号を1時間待つか、終点まで寝台でゴロゴロして高松駅から特急いしづち1号に乗るか(追加料金がかかる)か。どっちにしろ、松山駅の到着時刻は変わらない。前回はたまたま後者を楽しんだので、今回は前者を試してみた……けど、正直暇なので後者でもいいかもしれん。

f:id:daruyanagi:20170207151110p:plain

あと、たまたまこの日はサンライズ出雲(岡山までは瀬戸と同じ)が増発されていたので、そっちを選んでもよかったかもしれない。岡山着は 08:48 なので、どっちにしろ しおかぜ との接続は最悪だけど。

貧乏性なのでまたソロを買ってしまった

f:id:daruyanagi:20170102215643j:plain

等級は前回と同じソロを予約。あとでシングルにしとけばよかったなぁ、と思ったけど後の祭りですな。

ソロとシングルの違いは、

f:id:daruyanagi:20170207155233p:plain

  • 天井の高さ:シングルはダブルデッカーを上下構造に(天井185cm)、ソロはシングルデッカーを上下段構造に(天井145cm)にしている
  • モーター:ソロはシングルデッカー≒車両下にはモーターが配置されてる(騒音や振動があるかも)
  • 部屋の広さ:ベッドの幅は同じだが、足元はソロの方が狭い(シングル:60cm、ソロ:55cm)
  • 設備:シングルにはミニテーブルがあるみたい

ということのようだ(参照:寝台列車の館)。個人的にはソロで平気だけど、金額差は 1,000 円みたいなので、シングルの方がよさそう。

f:id:daruyanagi:20170102215336j:plain

ソロはどうしてもベッドに胡坐かいてごはんを食べる羽目になるので、テーブルがあるのはうれしいかも(今回は東京駅で購入した“秋田 比内地鶏のいいとこどり弁当”を食べた)。

シャワーった

f:id:daruyanagi:20170102224551j:plain

今回はシャワーも使ってみたよ。

f:id:daruyanagi:20170102224130j:plain

まずはシャワー室の近くにある“シャワーカード”というものを320円で購入。

f:id:daruyanagi:20170102224411j:plain

これが“シャワーカード”やな。ちなみにタオルなどの販売はないので、自分で用意しておくこと(むかしはあったのかな? 記念タオルがほしいヒトもいそうだし、今治タオルでも売ればいいのにと思った)。

f:id:daruyanagi:20170102225633j:plain

待つこと30分で順番が回ってきた。部屋は脱衣所+シャワー室からなっていて、脱衣所には風量が微妙なドライヤーまで完備されている。

使い方がいまいちわからないので、カードの差し込み口っぽいところにカードを突っ込んでみた……が、とくに反応はない。「もしかして変なところにカードを刺してしまったのか?(かなり奥まで刺しちゃったから抜けねーよ!!)」と一瞬焦ったけど、どうやら湯沸かし中のようで、“しばらくお待ちください”というメッセージが点灯されている。仕方がないので、すっぽんぽんのまま、ちんちん揺らして遊びながら待つ。

しばらくすると、なんかカードが回収されたっぽい音がする。“しばらくお待ちください”というメッセージも消えていた。どうやら湯沸かしが完了したらしい。

f:id:daruyanagi:20170102225503j:plain

というわけで、突撃。タオルの販売はないのに、シャンプーとボディソープは完備なんだな。

シャワーは6分間利用可能で、使い始めるとカウントダウンが始まる。小心者なので、残り時間が少なくなるとちょっと不安になってしまうぜ……。とはいえ、男の子なのでそれほどシャワーに時間はかからず、2分半ほど余してシャワー室を出た。髪の長い女の人なんかは、ちょっと時間が足りなくて大変だったりするのかもしれない。

最後に“洗浄ボタン”というのを押して、次のヒトと交代した。この“洗浄ボタン”が何をするのか気になったが、変にシャワー室を開けてえらいことになったりしたら困るのでやめておいた。たぶん、シャワー室をバババーッと洗って、また湯沸かしでもするんだろうな。

大都会・岡山駅に到着

f:id:daruyanagi:20170103062844j:plain

大阪あたりまで読書したり、外をぼーっと眺めたりしていたが、いつの間にか寝落ち。目が覚めると、大都会・岡山へ到着するというアナウンスが流れてきた。そそくさと荷物をまとめてホームに降り立つと、サンライズ瀬戸と出雲の解結を眺める人たちでごった返していた。

f:id:daruyanagi:20170103063616j:plain

自分は朝ご飯を確保。ほんとうはママカリ押し寿司とかタコ飯が食べたかったのだけど、残念ながら置いてなかった。

f:id:daruyanagi:20170103071404j:plain

ので、デミカツサンドを確保。

f:id:daruyanagi:20170103071440j:plain

これはなかなか美味しかった。万世のカツサンドっぽい雰囲気がある。さすが大都会だと思った。

f:id:daruyanagi:20170103071256j:plain

高知行きの特急・南風を見送ったりしながら、待つこと45分ほどでやっとこさ しおかぜ が入線。指定席に腰を落ち着けると、なんか急に安心して、眠気が襲ってくる。

f:id:daruyanagi:20170103074532j:plain

朝日を左手に見ながら瀬戸大橋を渡ったところまでは辛うじて覚えているのだけど、そのあとはガッツリ熟睡してしまったようで、気が付くと列車は松山駅に止まっていた。

さすがに12時間もかかるのは疲れるなー。松山まで寝台車で帰れたらいいのに!

愛媛にないもの

愛媛

f:id:daruyanagi:20170118194402p:plain

アクセスログを見ると「愛媛にないもの」で検索してきたヒトがいるっぽいのだけど、あいにくうちにはそんなコンテンツなかった……ので、少し調べた。Facebook で“ゆる募”に答えてくれた方、おおきにです。

交通

まずは交通分野です。

自動改札機

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/daruyanagi/20150620/20150620065452.jpg

昔はあったけど、なくなってしまいました(´;ω;`) JR 松山駅もしょぼい……。

daruyanagi.jp

新幹線

f:id:daruyanagi:20170118194957p:plain

新幹線の建設に尽力した第4代国鉄総裁・十河信二氏は愛媛県西条市の出身なのですが、残念ながらその西条には――というか、四国には新幹線が通っていません。一応、計画はあるみたいなんですが。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/daruyanagi/20160722/20160722024615.jpg

でも、愛媛県と高知県の県境あたりにひっそりとニセモノが運行されているので、あんまり問題ないです(´;ω;`)

daruyanagi.jp

地下鉄

f:id:daruyanagi:20170118205007p:plain

地下街は辛うじてあるし(´;ω;`)

公共施設・レジャー施設

お次はハコモノ系です。

遊園地・水族館

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/daruyanagi/20151002/20151002114304.jpg

小さいのでもいいのならばなくはないようですが、実質的にないと思っていいんじゃないでしょうか。まぁ、生きていくのに特別必要なものではないので(´;ω;`)……でも、「道後温泉本館を改修するので、その間の目玉に水族館を作ろうぜ」とか言ってましたっけ。あれ、どうなったんだろ。やめとけって思いますけど。

ちなみに、そんなのがなくたってワンダーランドならいくつかあるので退屈はしないはずです。とべ動物園もあるしね!

zoudazou.blogspot.jp

daruyanagi.jp

競馬場

所詮、ウマなんて畜生。あいつらはなに考えてるのかわからんので、馬券を買っても当たったことない。だからなくてもいいんだ(´;ω;`)

f:id:daruyanagi:20170118202936p:plain

その代わりと言ってはなんですが、松山競輪場があります。もともとは松山城の敷地内にあったのだとか。

f:id:daruyanagi:20170118203037p:plain

動物園も当初は道後公園(湯築城跡、伊予国守護・河野氏の本拠)にあったしね。

航空自衛隊基地

f:id:daruyanagi:20170118201141p:plain

四国は高知県に一つあるだけです(´;ω;`) 陸上自衛隊は高射と特科がいるみたいだけど……。

f:id:daruyanagi:20170118202302p:plain

あんまり関係のない話ですが、太平洋戦争末期、源田実司令率いる第三四三海軍航空隊(剣部隊)が置かれたのが愛媛県松山市でした(北側には予科練の「松山海軍航空隊(松山空)」もありました。現在は帝人の敷地)。現在の松山空港のあたりですが、市内へのアクセスが良くて使いやすいですね。今も掩蔽壕が残っていています(さまよう雨男 松山航空基地跡 掩体壕 愛媛県松山市)。

店舗・組織

三菱東京UFJ銀行

f:id:daruyanagi:20170118200224p:plain

お給料の振込が三菱東京UFJ銀行の口座だと大変そうな感じです(´;ω;`)

ちなみに、みずほ銀行は全国どこにも支店があるみたい。三井住友銀行は新居浜市(と対岸の尾道市)などに支店があります。住友財閥発祥の地が愛媛県・新居浜市な関係ですかね。松山市にもありますよ。でも、愛媛県では伊予銀行、愛媛銀行を使う人が多い気がします。

獣医学部

約50年ぶりの獣医学部新設に向け、愛媛県今治市と広島県でつくる国家戦略特別区域の区域会議分科会が12日、東京都千代田区であり、獣医学部の運営見込み事業者を学校法人加計学園(岡山市)に決めた。加計学園は獣医師を養成する獣医学科(定員160人)と獣医保健看護学科(60人)で構成する「岡山理科大獣医学部」(教員計83人)を2018年4月、今治市の今治新都市第2地区に開学する計画を明らかにした。

今治・獣医学部新設 事業者に加計学園| 愛媛新聞ONLINE

新設されるってことは今までなかったんだな。もともと西日本には少ないっぽいけど。

いきもの

獣医学部つながりというわけでもないけど、最後にいきものを。

クマ

1972に小田深山の浪ヶ娘から野村部落を通過し、中山町影の浦のクリ園で捕獲された雄の個体を最後に、確実な生息の記録が得られていない。

愛媛に野生のクマはいますか? - 愛媛に野生のク... - 動物 | Yahoo!知恵袋

f:id:daruyanagi:20170118203800p:plain

愛媛県がだしているクマ被害防止パンフレットによると、生息範囲は高知県と徳島県にまたがる剣山山系に偏っている模様。西条市の高知県沿いの町でも確認されているそうですが(きっと出張組でしょうな)、基本的にはいないと思っておいていいかも。

オオカミ

かつては愛媛県にも生息していたとされる。江戸時代後期から明治時代初期に、松山市北梅本町駄馬で捕獲されたとされる個体の頭骨が愛媛県総合科学博物館に保管されているのみであり、その後の記録はない。

愛媛県レッドデータブック | 哺乳類 | オオカミ

f:id:daruyanagi:20170118204418p:plain

昔の名残か、オオカミを祀る神社はあるそうです。

makild.exblog.jp

おまけ

f:id:daruyanagi:20170118204632p:plain

ちなみにイノシシはいます。瀬戸内海を泳いで渡ってきて、女子高生を襲う不埒なイノシシもいるみたい。

f:id:daruyanagi:20170118204723p:plain

でも、あんまり調子に乗っていると狩られてソーセージにされるので注意した方がいいと思います。

そのほか

Facebook で意見を募ったところ、ほかにもちらほら愛媛にないものが寄せられました。

  • ヨドバシ、Amazon Prime Now、都会らしい生活
  • 伝説のすた丼屋系列.油そばとか
  • (おれの)嫁、だるさんの結婚相手
  • 仕事
  • 明るい未来

一部「やかましいわ! ほっとけ!!」って感じのものもありますが。スタバ(四国一デカいのができた)とか、マクドとか、ジュンク堂とか、キンコーズとか、アニメイトとかもあったりするので、それほど困らない気はします(おもに松山ですけど)。

ほかにも「こんなのなくて困ってるよ!」みたいなのがあれば、教えていただければ幸いです。

『戦国最強の水軍 村上一族のすべて』

読書 歴史 愛媛

戦国最強の水軍 村上一族のすべて (新人物文庫)

戦国最強の水軍 村上一族のすべて (新人物文庫)

文庫サイズだけど、カラー写真がふんだんに使ってあって充実した感じ。記述もコンパクトで、村上水軍初心者(?)にお勧めできる。巻末が史跡ガイドになっているのも便利でいい。

個人的にはそんなに新しい発見はなかったので、とくにいうことはないかも。船手衆の組織(頭は家老の次に偉いらしい)とか、元寇やってたのは主に因島村上氏とか小早川(の諸族)の水軍だったとか、そういうのは初めて知ったのでへぇって感じだったけど。

daruyanagi.jp

著者の一人は『瀬戸内の海賊: 村上武吉の戦い』の著者でもあるんだね。こっちの文庫本で予習しておけば、理解がより深まったかもしれない。

daruyanagi.jp

そういえば、以前訪れた「村上水軍博物館」で特別展をやっているのだそうな。

日本遺産『“日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島-よみがえる村上海賊“Murakami KAIZOKU”の記憶-』を地域へ、全国へ、世界へ発信するための一環として、まず地元の尾道市・今治市で巡回特別展を開催します。

海賊の末えいに伝わる、至宝の中の至宝を一堂に展示し、魅力を発信します。

日本遺産認定記念 尾道・今治巡回特別展『村上海賊三家の至宝』が開催されます

ちょろっと行ってこようかなって思ってる。

あと、村上水軍がらみではこんな話もあった。

番組終盤には、出演者たちが村上水軍の魅力について語った。そこで、司会の久本雅美が「村上ショージさんも村上ですよ」と口にすると、愛媛県出身の村上は「僕はね、末裔です」と断言したのだ。

出演者たちが疑いの声をあげる中、村上は過去に番組で調査したのだと明かす。寺に300年前まで村上の先祖をさかのぼった証拠が残っていたそうで、村上はそのとき、「村上さんは末裔で間違いないでしょう」と言われたというのだ。

村上ショージ 日本最強の海賊「村上水軍」の末裔だったことが判明 - ライブドアニュース

割としょうもない話だけど(ごめんなさい!)、ちゃんと末裔が活躍してるんだなぁ、みたいな。

内子の「ドイツフェスタ 2016」に行ってきたった。ビール最高!

愛媛 食べ物

f:id:daruyanagi:20161001112520j:plain

週末は @nakaji 先生と愛媛県内子町まで行ってきました。ドイツのビールを飲みまくるのだ!

uchiko-dfesta.com

天気予報は雨か曇りって感じだったんだけど、さすがの晴れ男、雨を免れるどころか、真夏並みのカンカン照りになりやがりました。おかげでビールがうまくなるってもんよ!

内子駅

f:id:daruyanagi:20161001111450j:plain

松山駅から一両編成のワンマン電車汽車に乗ること1時間弱で内子駅に到着。おカネがある人は特急「宇和海」にのると30分ぐらいで行ける。駅の前は機関車以外ほとんどなにもない感じ。古い駅は街を避けて建設されたからね、多少はね?

f:id:daruyanagi:20161001112226j:plain

内子駅

市街地までは徒歩10分ぐらいかな。途中に創建100周年を迎えたという「内子座」があります。

今度なにか見に行きたいな。狂言とかはさっぱりなので、落語あたりで。

ドイツフェスタ

f:id:daruyanagi:20161001112453j:plain

やっとこさ会場に到着。

f:id:daruyanagi:20161001113238j:plain

東京でやってるやつに比べればさすがにこじんまりとしていますが、雰囲気はある。偉い人がスピーチするのをしり目に、さっそく始めさせていただきました。

よくわかんないんですが、内子町はドイツのローデンブルク市と姉妹提携をしているのだそうな。あとア○ヒビールの偉い人の何人かが実は内子町出身だったりと、妙なビールつながりのある町なんだなぁ。まぁ、どうせどれも昼から大っぴらに飲むための口実ですがね!

f:id:daruyanagi:20161001125717j:plain

料理はドイツっぽくウィンナーみたいなのとか。個人的にはこのチキンがおいしかったです。やわらかくて、なんか香草の香りがする? チケット(500円)を2枚出しただけあった。

結局、5枚つづりのチケットを2枚使い果たしたばかりか、1枚足りなくて買い足しました(^ω^)

f:id:daruyanagi:20161001124220j:plain

あと、地元の高校生かな? 炎天下で素敵な演奏で、楽しかったデス。なんかすんげーながい笛とか吹いてた。

内子の街並み

f:id:daruyanagi:20161001141617j:plain

ビールを楽しんだ後は、内子出身の @nakaji 先生の案内で街を散歩しました。内子の町はかつて和ろうそくでガッポガッポ儲けた街なんだそうで、その当時の立派な街並みがそのまま残っているんですな。

f:id:daruyanagi:20161001161659j:plain

今では1軒しか残ってませんが、その伝統をついでいらっしゃいます。

まぁ、近所のおばさん曰く「あんな店、昔はなかった」のだそうですけどw せっかくお土産買ったのになんか台無しwww でも、大事なのは看板ではなく、気持ちですからね。続けていこう、守っていこうという気持ちがよいわけだし、和ろうそくの町なのに一軒もないのもアレだしな。いいんですよ。

あとは最近テレビで話題になっているホテルの話とか。テレビで見ると反対一色って感じだけど、現実には(安く)泊まるところが少なくて客を逃がしていたり、そもそも郊外の方が景観無視の建物がすでに建っていたりっていう話もあるんだな。街にとって何がいいか、決めたキマリが公平に運用されているか、そういうのも考えるといろいろ難しくて、ニュースの5分紹介ではなかなかわかんないなっていうのが今回の反省でもある(まぁ、おばちゃんの意見が偏ってるのかもしれんし)。

f:id:daruyanagi:20161001161521j:plain

あとは和ろうそくの資料館や、かつての豪商の家なんかにも入ってみたり。いまでいうたら石油王みたいな位置付けやったんやろうか。わしも totoBIG があたったらこういう暮らしがしたいなーって感じでした。今回はいろいろ長くなっちゃったので、内子は機会を作って再訪して、またブログで紹介したいかな。

f:id:daruyanagi:20161004173133p:plain

オレンジフェリーで松山~東予港 → 大阪・南港

愛媛

f:id:daruyanagi:20160811075142j:plain

お盆休みはフェリーで関西へ。墓参りとばあちゃんのお見舞いをしてきた。

前回は壬生川から東予港まで歩いてえらい目に遭ったので、その経験を活かして JR 松山駅から連絡バスを使った。

連絡バスには

  • 松山方面直通連絡バス(伊予鉄バス、有料):出港ギリギリにつく
  • 早乗り用連絡バス:9時前に到着。せとうちバスの路線バス(有料)で小松総合支所前へ向かい、今治方面の連絡バス(無料)で東予港まで

の2種類がある([乗り場案内/アクセス | 連絡バス(関空⇔大阪南港・松山⇔東予港) | オレンジフェリー|四国開発フェリー株式会社](http://www.orange-ferry.co.jp/access/renraku.html))。

どっちも予約制なのかな。Web フォームから予約する場合は、備考欄だか連絡欄だかに「(好みのバス停)から連絡バス希望」とでも書いておけばいいらしい。とはいえ乗車の際に名前の申告などは不要のようで、割と適当。事前に乗車人数を把握したいだけみたいだ。

f:id:daruyanagi:20160810201814j:plain

料金を前払いして乗車すると、白い「乗り継ぎ券」がもらえる。これを乗船手続きの際に提示すると、船賃が少し割引きになる。なくさないようにしましょう。

それにしても、東予港で乗船手続きに時間がかかるのは面倒くさいなー。バスできた人がいっぺんに窓口に殺到するので、のんびりしてると手続きが終わるまでだいぶ待たされる。オレンジフェリーはクレジットカードも使えないし、ここら辺は改善してほしいな。Web で先に情報を入力しておけばサクッと乗船できるとか。なんか手続き的に難しいところでもあるんだろうか。

f:id:daruyanagi:20160810222720j:plain

あ、でもよくなってたところも。船内レストランにビールサーバーが追加されてて、注文で並ばずともそっちでビールを注いで飲めるようになったっぽい。これでガビガビ、思う存分ビールが飲めるね!

宇和島:闘牛と牛鬼祭りを見てきた

愛媛 旅行

f:id:daruyanagi:20160724141542j:plain

7月24日、かねてから観たいと思っていた闘牛見物に宇和島まで出かける。闘牛を観るのは生まれて初めてかも。

牛と牛が戦う競技は、牛相撲、牛突き、牛の角突きなどと呼ばれ、岩手県久慈市、新潟県二十村郷(長岡市、小千谷市など)、島根県隠岐島、愛媛県宇和島市、鹿児島県徳之島、沖縄県うるま市などで行われている。1988年までは東京都八丈島でも行われていたが、現在は行われていない。
以下に記述するスペインなどの闘牛とは異なり、むしろ闘犬に近く、相撲のような競技である。大相撲のような番付により牛の優劣が格付けされる場合もある。また新潟の牛の角突きでは勝負付けを行わず、引き分けにさせる。

闘牛 - Wikipedia

f:id:daruyanagi:20160724121009j:plain

宇和島では小高い山の上に市営の闘牛場が設けられている。丸山公園というのかな? よくは知らない。

宇和島市には和霊土俵という闘牛場が存在したが、第二次世界大戦後にGHQによって闘牛が禁止された。その後宇和島の闘牛は復活したが、レジャーの多様化により再び存続の危機となり、打開策として1950年代後半から1960年代前半にかけて「南予闘牛振興会」(宇和島市)、「南宇和郡闘牛組合」(南宇和郡)が設立された。1975年、丸山公園内に宇和島市営闘牛場が完成した。ドーム型の闘牛場は全国でも珍しく、年に5回行われる定期闘牛大会、毎年4月29日に行われる日本相撲連盟主催の全日本大学選抜相撲宇和島大会、そして観光闘牛のために使用されている。

宇和島市営闘牛場 - Wikipedia

僕らは歩いて行ったが(宇和島駅から30分足らずか)、無料のバスがあるとかないとか。まぁ、いい運動になったから問題ないけど、ちゃんと事前に調査しておくと、現地で苦労しなくていいかも。

f:id:daruyanagi:20160724120548j:plain

道中は見晴らしがよく、宇和島城の天守閣が望めたのはうれしかった。道はさして難しくない。道中に行き先を示す看板が立っているし、おばあちゃんが親切に教えてくれた。

f:id:daruyanagi:20160724122045j:plain

僕らが見に行ったのは牛鬼祭りと併催される和霊神社への奉納大会。和霊神社(われいじんじゃ)というのは宇和島で割と大きめの神社っぽくて、牛鬼祭りの舞台にもなっている。

f:id:daruyanagi:20160724125936j:plain

不覚にも望遠レンズの用意がなかったので、スマートフォンのデジタルズームだけど……牛さんたちは相撲みたいに東西で番付されていて、だいたい似たような力をもつ者同士が戦うみたい。牛は沖ノ島や奄美の方の島からきた子が多いようだった。

牛が場内に引き出されるときは、鼻息が重低音で響き渡り、なかなかの迫力。角を突き合わせると鼻輪が解かれ、取り組みが始まる。双方の牛には勢子が付き、独特な掛け声(人によって異なるようだ)で牛をけしかけ、戦わせる。1つの取り組みでかかる時間は、人間より少し長い。今回の最長は25分ぐらいだった。戦意喪失した側が負けのようで、片方がお尻を見せて逃げ出すと終わり。勢子が総動員で2匹を引き離し、鼻輪をとおして退場となる。

ジリジリと押し引きが続く戦いも面白いが、やはり「角使いがうまい」(場内による解説)牛同士の戦いが迫力あってよい。角が交差する乾いた音と、頭蓋骨がぶつかり合ったのか、低いゴツンという音が円形の闘牛場に響き渡り、「オォー……」とため息とも感嘆とも取れぬ、何とも言えないどよめきが湧く。牛が目まぐるしく体を変え、攻守が入れ替わる。唾をのむ暇もない。なかにはハッスルしすぎたのか、ウンチを漏らしながら戦う牛も(笑

ただ、ときどき取組が始まる前に片方が尻込みしてしまい、戦いが始まらないことも。こうなると取り組みにはならないようで、早々に勝負結果が伝えられる。当日は最後から2番目の取り組み、横綱戦でも不戦勝が発生してしまい、場内からはヤジが飛ぶ有様。

f:id:daruyanagi:20160724134705j:plain

しかし、最後の重量級の戦いはさすがに圧巻だった。正味5分程度だったと思うが、どちらにも勝機があるように見えた。結果は不敗のチャンピオンをチャレンジャーが破るという劇的な幕切れ。

f:id:daruyanagi:20160724140613j:plain

最後は新しいチャンピオンとの記念撮影で場内がひっちゃかめっちゃかになっていて面白かった。

f:id:daruyanagi:20160724144208j:plain

そのあとはまた宇和島駅に戻って、牛鬼祭りを見物。

牛鬼というのは西日本にいた妖怪なのだとか。牛鬼祭りはこの牛鬼伝説と、朝鮮の役で加藤清正(の部下)が考案したという攻城兵器「亀甲車」(亀甲船のパクリか何かかな?)の伝来が組み合わさったみたい。「亀甲車」ならぬ「牛鬼車」をみんなで引き回して練り歩く感じ。首の部分は上下に稼働する仕組みになっていて、威嚇だか、城壁をつんつんして壊すんだかするんだろうな。知らんけど。

f:id:daruyanagi:20160724151402j:plainf:id:daruyanagi:20160724151606j:plainf:id:daruyanagi:20160724154218j:plain

 「和霊大祭・うわじま牛鬼まつり」最終日の24日、恒例の親牛鬼パレードがあり、21体の牛鬼が長い首を振りながら愛媛県宇和島市中心部の商店街から和霊神社にかけて練り歩いた。和霊神社前の須賀川では夜、走り込みがあり、50周年のフィナーレを飾った。

牛鬼・豪快うねり うわじま牛鬼まつり閉幕 | 愛媛新聞ONLINE

フィナーレの“走り込み”は地元の居酒屋さんでまったりとテレビで楽しみました(n*´ω`*n)

宇和島城に登ったった(2年ぶり2回目) / 宇和島“あじ飯”を食べた / 四国新幹線を探して

愛媛 城郭 食べ物

f:id:daruyanagi:20160722022118j:plain

週末、宇和島のお祭りに行く予定なので、その前に2月、東京からわざわざ愛媛に来てくれた旧友と宇和島城へ行った時の話を思い出しながらメモ。(→ これも一緒に行った宿とテレビ、あるいは新聞を購読する気になれない理由 - だるろぐ愛媛県美術館:「黄金のファラオと大ピラミッド展」と「特別展 生命大躍進」 - だるろぐ)。

とはいえ、2年前も行ったのであんまり書くことはなくて、今回は前回との差分みたいな感じ。


展示が少し充実した気がする

前回きたときは殺風景な天守だなーという印象を受けたのだけど、今回は展示が充実してた。(誰にも知られずひっそりと開催されている)南予博のためにちょっと頑張ったのかな?

f:id:daruyanagi:20160212120930j:plain

これは「宇和島城下絵図屏風」。オリジナルは元禄年間のもので、展示物はデジカメでとって原寸大で複製したものだそう。当時の宇和島城下の様子がうかがえる。左側は縄張りが海に面していて、さすがは海城だなーって感じ。

あと、この「宇和島城下絵図屏風」はもともとは襖絵だったが、昭和になって屏風絵に仕立てられたのだとか。美術的価値の話はよくわかんないけど、屏風の方が見る分には便利だ。ただ、一部だけ欠けているのが残念。

f:id:daruyanagi:20160722022843j:plainf:id:daruyanagi:20160722022903j:plainf:id:daruyanagi:20160212121114j:plain

そのほかにも黒門櫓や追手門など、現在では失われてしまった宇和島城の風景がパネル展示されていた。これは資料館にあったヤツかな?

f:id:daruyanagi:20160722023112j:plain

また2階には 茂本ヒデキチ という方の描いたカッコいい墨絵も展示されていた。松山生まれで、現在は東京で活躍されているアーティストだそう。こういう方面には疎いのだけど、フツーにカッコいい。totoBIG あたったらキノコタケノコ戦争の墨絵を書いてもらって襖にしたい。

宇和島アジ飯

f:id:daruyanagi:20160722023402j:plain

お昼ご飯は、また宇和島城の登城口にある「一心」さんに。

前きたときは宇和島鯛めしをごちそうになった。今回も同じのを食べようと思っていたのだが――

f:id:daruyanagi:20160722023534j:plain

“伊達あじ”というメニューができていたのでそれに手を出してみる。伊達っていうのは、宇和島・伊達家に由来するのかな(正宗の子孫が移封されてきて、幕末には四賢侯・伊達宗城を輩出した)。まぁ、ここら(豊予海峡、速吸の瀬戸)のアジは運よく大分で水揚げされれば“関アジ”になったはずのアジなので、味には問題ないはず。アジだけに。

f:id:daruyanagi:20160722023915j:plain

1,250円でボリューム満点。

f:id:daruyanagi:20160722023928j:plain

メインのアジめしの具。鯛めしと同じく、醤油だし・生卵と合わせてよくかき混ぜ……

f:id:daruyanagi:20160722023930j:plain

ごはんにぶっかける。マズいわけがねぇ……。totoBIG 当たったら毎朝これを食べたい。

四国新幹線

ついでに四国新幹線もみてきた。このためだけに宇和島駅で2時間ぐらい粘ったような……。

f:id:daruyanagi:20160722024615j:plain

その貴重なお姿がこれ。ゼロ系新幹線を彷彿とさせる愛嬌のあるスタイル。無駄を徹底的に排したシンプル極まる一両編成。駆動系は架線が不要なディーゼル発電式(汽車ともいう)。

f:id:daruyanagi:20160722025406j:plain

前面は衝突時のクラッシュクリアランスを十分に確保。乗員の安全を最優先した設計になっているが、同時に大胆な肉抜きが行われており、軽量化にも余念がない。安全性と速度を高度に両立させた、機能美溢れるデザインだ。

f:id:daruyanagi:20160722025424j:plain

そして驚くべきはこの背面。なんとこちらはノーズすら省略されている。高知 → 宇和島は旅客が少ない(というのも高知県には人が住んでいないので、愛媛からの流出のみを考慮すればよい)ので、無理に速度を稼ぐ必要がない。ゆえにノーズを省略して、軽量化したほうが賢いということだろう。省かれたノーズは立体視を巧みに活かした精緻な塗装によって再現されているので、デザイン上の違和感もない。

f:id:daruyanagi:20160722024716j:plain

また、人的コストも極限まで削減されており、なんとワンマンで運行できるのも四国新幹線の特徴。ちなみに伊予鉄(市内線)と同じ後乗り前降りに統一されているので、松山市民なら違和感なく乗りこなせるはず。ただし、電子マネーでの運賃決済機能は大胆にも省略されているようだ。おそらく高知県に電子マネー技術が伝わっていないからであろう。

f:id:daruyanagi:20160722030325j:plain

関係ないけど、宇和島駅は電話ボックスで携帯電話の充電ができて大変便利だった。ありがたやありがたや。

終わり。