天雨粟,鬼夜哭。

昔者蒼頡作書,而天雨粟,鬼夜哭。 淮南子 : 本經訓 - 中國哲學書電子化計劃 かつて蒼頡(そうけつ)が書(文字)を作ったが、そのとき天は粟を雨のように降らせ、鬼は夜に泣いた。文字は生活を豊かにしたが、鬼=神秘的なものへの畏れ、祖先を祭る真心は生活から追いやられてしまった。「天雨粟」は、文字を知ったことで…