読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

VHD ファイルの作成

VHD(Virtual Hard Disk:仮想ハードディスク)の作成。Windows 8はVHDにインストールしてブートできるので、これからお世話になることが多くなると思う。

VHD ファイルを作成する

スタートメニューにある[コンピュータ]のコンテクストメニューで[管理]を選択。

f:id:daruyanagi:20120303181710p:plain

[ディスクの管理]を選択。

f:id:daruyanagi:20120303180932p:plain

右ペインにある[ディスクの管理]-[他の操作]から[VHDの作成]を選択。

f:id:daruyanagi:20120303181448p:plain

設定。普通は容量固定のほうがいいみたい。

f:id:daruyanagi:20120303180627p:plain

作成が始まる。進捗情報はステータスバーに現れる。案外時間がかかるっぽい。OS をインストールするなら、これ以降の作業は必要がないが、一般のドライブとして利用するには、接続と初期化が必要になる。

VHD ファイルの接続

VHD ファイルを接続すると、自動でドライバがインストールされ、ファイルシステムにマウントして利用することができる。

f:id:daruyanagi:20120303182319p:plain

[ディスクの管理]-[他の操作]から[VHDの接続]を選択。

f:id:daruyanagi:20120303182405p:plain

VHDファイルを選択。これでディスクマネージャーにVHDボリュームが現れる。

VHD の初期化

f:id:daruyanagi:20120303182532p:plain

ディスクの初期化。

f:id:daruyanagi:20120303182539p:plain

MBR と GTP はどちらを選んだらいいのだろう。普通は MBR でイイと思う。

パーティションの作成

f:id:daruyanagi:20120303182547p:plain

[新しいシンプルボリューム]を選択すると……

f:id:daruyanagi:20120303182556p:plain

パーティションの作成ウィザードが現れる。

f:id:daruyanagi:20120303182615p:plain

パーティションサイズの指定。

f:id:daruyanagi:20120303182624p:plain

ドライブレターの割り当て。

f:id:daruyanagi:20120303182634p:plain

フォーマット方法を指定。多分、初期値のままでOK。

f:id:daruyanagi:20120303182643p:plain

あとは待つのみ。