読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

WebMatrix 2 RC でサクッとWebサイトをオシャレにしてみた

WebMatrix ASP.NET

f:id:daruyanagi:20120620051736p:plain

みてくれたまえ。これが昨日までの http://download.daruyanagi.net/ だ。ワイルドだろ?*1 さすがにこれを放置するのも何なので、WebMatrix 2.0 Release Candidate でキレイにしてみることにした。

なにはともあれインストール

f:id:daruyanagi:20120620052143p:plain

まず、WebMatrix 2 を
WebMatrix 2
からダウンロードしてくれたまえ。うちの場合は、なんか2・3回インストーラーを実行するハメになったけど(なんでだ?)、まぁ、すんなり入る。

Webサイト側でリモート管理を有効にする

f:id:daruyanagi:20120620052554p:plain

レンタルサーバーはもちろん、ASP.NET がお安く使える
高機能・激安 Windows レンタルサーバー ExpressWeb
を使ってるよな? Web配置で楽をしましょう。

f:id:daruyanagi:20120620052701p:plain

設定ファイルをダウンロードしておくとあとで捗る。

Webサイトのダウンロード

f:id:daruyanagi:20120620052847p:plain

WebMatrix でリモートサイトを開く。さっきダウンロードしておいた設定ファイルを読みこめば、かなり楽ちん。リモート管理のアカウント情報を入力するだけで済む。

f:id:daruyanagi:20120620052958p:plainf:id:daruyanagi:20120620053105p:plain

無事接続できた。このまま作業をしてもいいのだけど、やっぱりローカルにコピーを作っておいたほうが何かと安全なのでダウンロードしておく。

f:id:daruyanagi:20120620053200p:plainf:id:daruyanagi:20120620053206p:plainf:id:daruyanagi:20120620053211p:plainf:id:daruyanagi:20120620053217p:plainf:id:daruyanagi:20120620053223p:plainf:id:daruyanagi:20120620053229p:plain

これがやたら時間かかる。なぜか使ってもいない MySQL もインストールされるし。まぁ、細かいことは気にしない。 ASP.NET 4 のインストールにも失敗したけど、とくに問題なく動いているみたい。

WebMatrixman はほんとデキる子だな。

Git for WebMatrix のインストール

f:id:daruyanagi:20120620053912p:plain

この作業はスキップしていいのだけど、どうせならバージョン管理できるようにしておけばロールバックとか楽になるよね。というわけで、拡張機能ギャラリーから「Git for WebMatrix」をインストールしておく。

f:id:daruyanagi:20120620054028p:plainf:id:daruyanagi:20120620054031p:plain

リリース当初はハングアップしたりして大変だったけど、週明けのバージョンアップでかなり使えるようになった。

Twitter Bootstrap のインストール

f:id:daruyanagi:20120620054150p:plain

WebMatrix 2 では NuGet もよりお手軽に利用できるようになっている。どこかの誰かが作ってくれた便利ツールが自由に使えるというわけだ! 使わないなんて損、損。今回は、デザインセンスのない開発者御用達のCSSフレームワーク Twitter Bootstrap を利用してみた。 WebMatrix 2 は LESS なんかも扱えるから、今後はカスタマイズ可能な Bootstrap なんかも利用できるようになるかも。夢が広がる……

コーディング

さて、ようやくコーディングのお時間なのだけど……基本的には Bootstrap, from Twitter (サンプル)のソースコードをガバっとコピペしてチョチョイのちょいとイジるだけ。一瞬で終わってしまった。

_Layout.cshtml

f:id:daruyanagi:20120620054808p:plainf:id:daruyanagi:20120620054809p:plain

Webページのひな形。

それぞれのWebページの内容を挿入する場所に`@RenderBody()`を埋め込んでおく。ついでに、サイト名や作者名なんかは冒頭の`@{ }`セクションで変数にしておくと、あとで管理するのが楽になる。スクリプトやスタイルシートのパスを /Scripts や /Content に書き換えておくのを忘れずに。

Index.cshtml

f:id:daruyanagi:20120620055120p:plain

@{
    Layout = "~/_Layout.cshtml";
}

でレイアウトを指定し、レイアウトの `@RenderBody()` を書いていく感じ。 Bootstrap, from Twitterソースコードで言えば、 `<div class="container">` のヘッダー以外の部分をココにコピーして自分なりに書き換えていく。

あとは、同じ要領でページを増やしていけばいい。 About.cshtml を書けば download.daruyanagi.net/About になるし、 Contact.cshtml を書けば download.daruyanagi.net/Contact になる。レイアウトを指定すれば、見栄えも共通化できる。

完成!

f:id:daruyanagi:20120620055619p:plain

WebMatrix だったら、IE/Chrome/Firefoxどころか、モバイルOSシミュレーターでもテストできる! Bootstrap は MediaQuery でモバイルからも快適に閲覧できるけど、それをシミュレーターで確かめられる。

実際のコーディングはものの10分ぐらい。動的サイトも作れるし、その時、フレームワークASP.NET/PHP/Node.js のなかから自由に選べるのがナイス。 Azure へのデプロイもできるみたいなので、次は試してみたい。

*1:TVみないので、ネタに影響されるのが人よりかなり遅れております