読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

黒歴史駆動人生。

Web サービス 告知

日々のつぶやきを直感的に投稿するものだけに、一呼吸おいて見直してみると、自分の過去ツイートに後悔だらけ、以前使っていたTwitterアカウントのツイート内容なんて恥ずかしすぎる――SNSの普及の陰で、そんな思いを抱いている人も少なくないだろう。そうした人にぴったりなサービスとして「黒歴史クリーナー」なるものが登場し、話題となっている。

この「黒歴史クリーナー」は、まさに“黒歴史”といえる恥ずかしい過去のツイートを自動で一括消去してくれるもの。Twitterアカウントで認証し、開始をクリックするだけという簡単操作で全削除ができる。

いまや後悔…なツイートを削除、「黒歴史クリーナー」が話題 ネットベンチャーニュース

もったいない! もったいない!!

あなたは今、一年前に自分が何をしていたか思い出せますか? 僕は思い出せるよ。

  • ARIA』を読んでいて朝まで寝られずに睡眠不足でした
  • 話題のニュースは中国の列車事故
  • 『3月のライオン』の最新刊を買おうと思ったけど本屋に置いてなかった
  • 仕事帰りにフィットネスクラブに入会しました(引越し時に辞めました)
  • けれど、フィットネスクラブは結局見学だけ。あとは居酒屋で呑んでました

ARIA (1) (BLADE COMICS)

ARIA (1) (BLADE COMICS)

こういうのを思い出せるのも、 Twitter のおかげだよ。自分が何を考えていたのか手に取るように……とは言わないけれど、やんわり思い出すことができる。確かにアホなツイートしかしてないし、読み返せば恥ずかしいし、そう大して面白いことを行っているわけではないけれど、「見直すことができる」っていうそのこと自体が楽しいし、また、今の自分を見直すのにも役に立つ。それこそが、ライフログの効用なんじゃないかなって思う。

それを消してしまうなんて!

確かに「黒歴史」は、見返して恥ずかしかったり、見られて恥ずかしい。けれど、「黒歴史」があるからこそ、それが乗り越えるべき壁になり、そこから先へ多少なりとも進歩できる。人生は「黒歴史」で駆動されている。「黒歴史」のない人間なんて、たぶん面白くもなんともないだろう。

去年のお前

というわけで、「WebMatrix 2」でこんなのつくってみた。運良く Twilog - Twitterのつぶやきをブログ形式で保存 を一年前から使っていて、ツイートを公開しており、なおかつクオータを使いきって Windows Azureサスペンドされていなければ、遊ぶことができるよ。