読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

WebMatrix でユーザー認証機能 ―― 準備編

ASP.net Web Pages WebMatrix

お次はユーザー認証機能に挑戦しますかね? Webサイトでデータを扱うとき、ユーザー認証機能がなかったらだいぶ困る。

というわけで、“Startar Site”テンプレートをみながら勉強しようかなぁ、と思ったのだけど……

f:id:daruyanagi:20120824092022p:plain

ナンテコッタイ/(^o^)\ ソースを見てみたら文字化けしてたり改行が吹っ飛んでたりで、一部ソースコードがぶっ壊れていた。修正を試みたのだけれど、途中で「いや待て、“Empty Site”から自分で作ったほうが勉強になるかもしれない」と思い直し、まっさらなWebサイトを作ってユーザー認証機能を追加してみることにした。

f:id:daruyanagi:20120824092316p:plain

データベースを作成

まずはユーザー情報を格納するデータベースを作成。名前は……思いつかなかったから“database.sdf”でいいや。

f:id:daruyanagi:20120824092517p:plain

リネームした時のことを考えて、データベース名は App に格納しておくことにした。アプリケーションの起動時に実行される _AppStart.cshtml に記述しておく。

#_AppStart.cshtml

@{
    App.Database = "database"; // 拡張子は要らないっぽい
}

ユーザー情報テーブルを作成

次に、認証情報を保存しておくテーブルを作成する。 WebMatrix では WebSecurity Helper というお手軽な認証システムがあるらしい。“Startar Site”テンプレートでも利用されていたのでそれを使おう。 WebSecurity.InitializeDatabaseConnection() でユーザー情報を管理するテーブルが初期化されるみたい。

#_AppStart.cshtml

@{
    App.Database = "database";
    
    WebSecurity.InitializeDatabaseConnection(
        App.Database, // データベース名
        "Users",      // テーブル名
        "UserId",     // ID を格納するカラム
        "Name",       // 一意なユーザー名を格納するカラム
        true          // テーブルがなかったら作れ
    );
}

しかし、「WebSecurity などというクラスは知らない」と怒られてしまう。デフォルトでは入っていないのね……

f:id:daruyanagi:20120824093457p:plain

“Startar Site”テンプレートを「Visual Studio」でみてみたら、 WebMatrix.WebData.dll というアセンブリが必要であるらしい。これもどうせ NuGet で取得できるんでしょ? わかってる、わかってる!

Microsoft ASP.NET Web Page 2 Web Data をインストール

f:id:daruyanagi:20120824093635p:plain

そこで適当に「WebData」などと検索してみたところ、「Microsoft ASP.NET Web Page 2 Web Data」というのがどうもあやしいくさい。さっそくインストールしてみると……ビンゴ! 無事、Web サイトを[実行]できました。テーブルもちゃんと作成されているみたい(まだからっぽだけど!)。

f:id:daruyanagi:20120824093836p:plain

#Default.cshtml

@{
    
}

<!DOCTYPE html>

<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="utf-8" />
        <title>マイ サイトのタイトル</title>
    </head>
    <body>
        <!-- Starter Site テンプレートからパクって魔改造してみた! -->
        <section id="login">
        @if (WebSecurity.IsAuthenticated) {
            <ul>
                <li><a href="~/Users/@WebSecurity.CurrentUserName">
                @WebSecurity.CurrentUserName</a></li>
                <li><a href="~/Account/Logout">ログアウト</a></li>
            </ul>
        } else {
            <ul>
                <li><a href="~/Account/Register">登録</a></li>
                <li><a href="~/Account/Login">ログイン</a></li>
            </ul>
        }
        </section>
    </body>
</html>

コレで準備は完了といったところかな。とりあえず、 Register / Login / Logout を作って、ユーザーページも表示できるようにしたいな。