読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

Common フォルダをチラ見してみる

Windows ストア アプリ

f:id:daruyanagi:20120917233249p:plain

Windows ストアアプリ*1を作り始めたひとは、かならず一度は Common フォルダをジックリみたほうがいいと思う。わしはめんどいのでチラ見した。

LayoutAwarePage クラス

使用するテンプレート ページはすべて LayoutAwarePage クラスから派生しており、新しいアプリの MainPage.xaml に使う空白のページよりもずっと多くの既定の操作があります。LayoutAwarePage は、Metro スタイル アプリ開発の重要な機能を実現する Page を実装したものです。

  • [ViewState]アプリケーション ビュー状態を表示状態にマッピングすることで、ページをさまざまな解像度、向き、ビューに対応させることができます。
  • [Navigation]GoBack イベント ハンドラーと GoHome イベント ハンドラーは基本的なナビゲーションをサポートします。
  • [ViewModel]既定のビュー モデルは、単純でバインド可能なデータ ソースを提供しています。
  • [SaveState/LoadState]SaveState と LoadState メソッドは、アプリのセッション状態を管理するために SuspensionManager クラスで利用します。

また、ページ テンプレートでは、Metro スタイル アプリの設計ガイドラインに準拠した StandardStyles.xaml に記述されているスタイルとテンプレートを使います。冒頭部でこれらのスタイルのいくつかを使い、そのコピーを変更してアプリの外観をカスタマイズします。

パート 4: ブログ リーダーを作成する (C#/VB と XAML を使った Metro スタイル アプリ)

よくわからんけど、そういうものらしい。ただ、ViewModel はタダのディクショナリで、 MVC なんかで使われる ViewModel に近い感じで、単なる初期データを表示するビューワーとしてならともかく、それ以上のことをするには何か工夫がいるのかもしれない。

あと、LayoutAwarePage クラスの定義は、テンプレートによって入っていないこともある。たとえば、空のプロジェクトから始めてあとからテンプレートページを追加した場合、ビルド時に「LayoutAwarePage がない」と言われる(後述の BindableBase もそうだと思う)。そんなときはリッチなプロジェクトを一度作って、そこからコピーしてくればいいみたいだね。

追記 (2012/09/18 0:42)

f:id:daruyanagi:20120918004105p:plain

勝手に追加してくれるっぽい。テキトーにダイアログを読み飛ばしていたわしが悪い。

BindableBase クラス

INotifyPropertyChanged の .NET Framework 4.5 的実装。CallerMemberName っていうのが新たに追加された属性で、呼び出し元を参照して勝手に名前をいれてくれるみたい。propertyName を文字列で渡そうとしてミスタイプで自爆する……なんてことが減るかも。

[Windows.Foundation.Metadata.WebHostHidden]
public abstract class BindableBase : INotifyPropertyChanged
{
    public event PropertyChangedEventHandler PropertyChanged;

    protected bool SetProperty<T>(ref T storage, T value, [CallerMemberName] String propertyName = null)
    {
        if (object.Equals(storage, value)) return false;

        storage = value;
        this.OnPropertyChanged(propertyName);
        return true;
    }

    protected void OnPropertyChanged([CallerMemberName] string propertyName = null)
    {
        var eventHandler = this.PropertyChanged;
        if (eventHandler != null)
        {
            eventHandler(this, new PropertyChangedEventArgs(propertyName));
        }
    }
}

あと、バインディングに便利っぽいコンバーターとか、リッチエディット関連っぽいクラスがいくつか用意されている。

StandardStyles.xaml

f:id:daruyanagi:20120917231926p:plain

既定のスタイルがいっぱい定義されている!(これはボタンスタイルの例)

Metro、じゃねぇ、Windows ストアアプリでは、Metro、もとい、Windows ストアアプリっぽさ、デザインの統一性というのが結構重要になる。なので、なるべく既定のスタイルを使うか、既定のスタイルをベースに拡張するのが望ましいんじゃないかな。

<Button Style="{StaticResource OneBarAppBarButtonStyle}" />

なお、一部スタイルは初期状態でコメントアウトされているので、使うときは解除しなきゃいけないですよ。

*1:はぁ……もっといい呼び方はなかったんかいな!