読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

WebMatrix/ASP.NET Web Pages で YAML を扱う

ASP.net Web Pages WebMatrix

ちょっと YAML を使いたいなーというシーンがあったので、いろいろ調べたみた。

YAML って?

YAML は XML よりも読みやすく、書きやすく、JSON よりも型にうるさく、しかも自由度がある、Ruby 使い達に人気の(?) データ記述形式です。

ほんとう? それを確かめるためにちょっと比較してみました。例は XMLの論考: YAMLはXMLに改良を加える のものをベースに、XML-JSON相互変換ツール - Bluehawk's lab. で作成した JSON 形式のものを追加してあります。

XML で表現した場合

<?xml version="1.0"?>
<club>
  <players>
    <player id="kramnik"
            name="Vladimir Kramnik"
            rating="2700"
            status="GM" />
    <player id="fritz"
            name="Deep Fritz"
            rating="2700"
            status="Computer" />
    <player id="mertz"
            name="David Mertz"
            rating="1400"
            status="Amateur" />
  </players>
  <matches>
    <match>
        <Date>2002-10-04</Date>
        <White refid="fritz" />
        <Black refid="kramnik" />
        <Result>Draw</Result>
    </match>
    <match>
        <Date>2002-10-06</Date>
        <White refid="kramnik" />
        <Black refid="fritz" />
        <Result>White</Result>
    </match>
  </matches>
</club>

タグがウザい。何でもできるけれど、少し厳格すぎるきらいがある。

JSON で表現した場合

{
  "club": {
    "players": {
      "player": [
        {
          "-id": "kramnik",
          "-name": "Vladimir Kramnik",
          "-rating": "2700",
          "-status": "GM"
        },
        {
          "-id": "fritz",
          "-name": "Deep Fritz",
          "-rating": "2700",
          "-status": "Computer"
        },
        {
          "-id": "mertz",
          "-name": "David Mertz",
          "-rating": "1400",
          "-status": "Amateur"
        }
      ]
    },
    "matches": {
      "match": [
        {
          "Date": "2002-10-04",
          "White": { "-refid": "fritz" },
          "Black": { "-refid": "kramnik" },
          "Result": "Draw"
        },
        {
          "Date": "2002-10-06",
          "White": { "-refid": "kramnik" },
          "Black": { "-refid": "fritz" },
          "Result": "White"
        }
      ]
    }
  }
}

ネストが深い。JavaScript との相性が抜群だが、いろいろユルい部分も多い。

YAML で表現した場合

---
players:
  Vladimir Kramnik: &kramnik
    rating: 2700
    status: GM
  Deep Fritz: &fritz
    rating: 2700
    status: Computer
  David Mertz: &mertz
    rating: 1400
    status: Amateur
matches:
  -
    Date: 2002-10-04
    White: *fritz
    Black: *kramnik
    Result: Draw
  -
    Date: 2002-10-06
    White: *kramnik
    Black: *fritz
    Result: White

タグがないし、ネストも深くないのでスッキリ。ただ、構造化データを記述する以外の用途には向かない。

あと、参照の仕組み(アンカーとエイリアス、アドレスとポインタのようなもの)をもっているのがいい。これって、データベースをテキストに書きだしたり、オブジェクトをシリアライズするときにも便利だよね。

YamlSerializer for .NET

主に2つの目的で使うことができます。

  • C# のオブジェクトをそのまま YAML テキストにシリアライズ・デシリアライズすることができます。=> YamlSerizlizer クラス
  • 一般の YAML ファイルを扱うこともできます。 => YamlNode クラス

というわけで、今日はこのライブラリを使ってみる。ちゃんと NuGet にもパッケージングされていて、WebMatrix からもサックリ使えるよ。

f:id:daruyanagi:20121007113028p:plain

サンプルコード

# Default.cshtml

@functions {
    // シリアライズ・デシリアライズのためのサンプルクラス
    public class Person
    {
        public string FirstName { get; set; }
        public string LastName { get; set; }
        
        public override string ToString()
        {
            return string.Format("{0} {1}", FirstName, LastName);
        }
    }
}

@{
    var person = new Person()
    {
        FirstName = "Hidetoshi", LastName = "Yanagi",
    };

    // シリアライザの生成
    // using System.Yaml.Serialization;
    var serializer = new YamlSerializer();

    // YML形式のテキスト
    string yml =@"
LastName:FirstName: 英俊
";

    // YMLテキスト → Person
    var deserialised = serializer.Deserialize(
        yml, typeof(Person)
    );
}

<!DOCTYPE html>

<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="utf-8" />
        <title>マイ サイトのタイトル</title>
    </head>
    <body>
        <pre>
        @serializer.Serialize(person) //<-- YMLテキストに!
        </pre>

        // 返り値は object 配列だよ!
        <h1>フルネームは @(deserialised[0] as Person) です。</h1>
    </body>
</html>

結果

f:id:daruyanagi:20121007113045p:plain

ちょっとアレだな、とおもったのは @(deserialised[0] as Person) の部分だけれど、dynamic でうければいいのかもしれない。

dynamic deserialised = serializer.Deserialize(
        yml, typeof(Person)
    )[0];

deserialised.FirstName;