読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

WebMatrix で PDF を出力

ASP.net Web Pages WebMatrix

RazorPDFはASP.NET MVCのRazor ViewEngineを利用してPDFファイルを出力します。
ViewにはiTextXMLというXMLをPDFに変換するライブラリーを使用します。
もともとSparkというViewEngineにあった機能を移植したものになります。
ぱっと探してみましたけど、ソースコードがどうやら公開されていないですね。

ASP.NET MVCでPDFを出力する(RazorPDF) « 84zume Works

Razor と XML の組み合わせで PDF ドキュメントを出力できる。素敵だなぁ。ASP.NET MVC 向けなので、WebMatrix(ASP.NET Web Page)ではちょっと使えなさそうなのが残念だけど。

でも、PDF を吐くだけだったら WebMatrix でもできるよ!(対抗意識

調べてみると、「iTextSharp」というライブラリを使えばよさそう。ラッキーなことに NuGet も用意されていて、ライブラリのインストール自体は簡単。

f:id:daruyanagi:20121017222440p:plain

いつも通り、ASP.NET の「空のサイト」テンプレートでごにょごにょとサンプルを書いてみた。

# Default.cshtml

@using iTextSharp.text
@using iTextSharp.text.pdf

@{
    // ドキュメントを作成
    Document doc = new Document();

    // 作成したドキュメントと Response.OutputStream を
    // 結び付ける Writer オブジェクトを取得
    PdfWriter.GetInstance(doc, Response.OutputStream);

    // 開け、ゴマ!
    doc.Open();

    // あとは、チャプターを追加してみたり……
    var p1 = new Paragraph("Chapter 1. Hello, PDF")
    {
        SpacingBefore = 20,
        SpacingAfter = 20,
    };

    var chapter = new Chapter(p1, 0)
    {
        NumberDepth = 0,
        Indentation = 16,
    };
        
    chapter.Add(
        new Paragraph("This is first paragraph.".Times(20))
    );

    // セクションを追加してみたり……
    {
        var p2 = new Paragraph("Section 1. iText Sharp is GREAT!")
        {
            SpacingBefore = 20,
            SpacingAfter = 20,
        };

        var section = chapter.AddSection(p2, 0);
        section.Indentation = 16;

        section.Add(
            new Paragraph("This is second paragraph.".Times(20))
        );
    }
    doc.Add(chapter);

    // パラグラフを追加してみたり……
    doc.Add(new Paragraph("Hello iTextSharp")
        {
            SpacingBefore = 20,
            SpacingAfter = 20,
        }
    );

    // 日本語フォントを用意
    var base_font = BaseFont.CreateFont(
        @"c:\windows\fonts\msmincho.ttc,0",
        BaseFont.IDENTITY_H, true
    );
    var font = new Font(base_font, 16);

    doc.Add(
        new Paragraph("日本語はどうかな", font)
        {
            SpacingBefore = 20,
            SpacingAfter = 20,
        }
    );

    // ほかにも、リストとかテーブルが作れる
    var list = new List(true, 10)
    {
        IndentationLeft = 20,
    };

    list.Add(new ListItem("あいうえお".Times(10), font));
    list.Add(new ListItem("さしすせそ".Times(10), font));

    doc.Add(list);

    doc.Close(); // <- 便所の扉と一緒。開けたら閉める!

    Response.ContentType = "application/pdf";
}

f:id:daruyanagi:20121017223840p:plain

できてるみたい。有志によるリファレンス iTextSharp クラスライブラリリファレンスの詳細情報 : Vector ソフトを探す! は必須だなぁ。こういうのがあると、ほんとありがたいよ。

追記

書き忘れたけど、サンプルテキストのコピペでコードが長くなるのが嫌だったので、ちょっとした拡張メソッドを作って使っている。

public static class StringExtension
{
    public static string Times(
        this string target, int times)
    {
        string result = string.Empty;

        for (int i = 0; i < times; i++)
            result += target.ToString();

        return result;
    }
}

"a".Times(3) で "aaa" になればうれしい。