読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

『政府論の歴史とモデル』

読書 共和主義 政体

政府論の歴史とモデル (1977年) (現代政治学入門講座〈4〉)

政府論の歴史とモデル (1977年) (現代政治学入門講座〈4〉)

  • 作者: B.クリック,小林昭三,石田光義
  • 出版社/メーカー: 早稲田大学出版部
  • 発売日: 1977/01
  • メディア: ?
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

貴族制と民主制のベストミックス - だるろぐ でクリックという人に興味をもったので、適当に(本当に、アマゾンで適当に!)一冊古本を買ってみた。ちなみに、そのときは「B・クリック」で検索したのであまり出てこなかったけど、「バーナード・クリック」で検索したら結構いっぱい出てきた。しまったしまった。

この本はとても薄いので、一瞬で読める。

前半が歴史上存在した(および、するであろう)国家制度を概説した“スケッチ”、後半がそこからいくつかの法則を抽出した“モデル”になっている。

前半で取り上げられた国制は以下の通り。「伝統的理論に基づく私自身の簡明な分類」であるらしい。

  1. プリミティブな政府
  2. 古代の帝国
  3. ギリシャ都市国家
  4. 共和制ローマ
  5. ローマ帝国
  6. 東洋的専制主義
  7. 封建政府
  8. 初期近代国家
  9. 近代民族国家
  10. 近代的専制
  11. 全体主義政府
  12. 未来の国家

これに対して、クリックは「専制主義的」「共和主義的」「全体主義的」という3つの分類を後半部分で提起している。この3政体は、「多様性を秩序付けるという基本的な調整問題」へのアプローチによって分類できる。

  1. 専制主義的――多様な利害のうちから一つを選択し、権威によって強制する
  2. 共和主義的――利害の異なるものを参加させて、調停・競合的選択を行う
  3. 全体主義的――抗争のもはや起こりえない完全に新しい社会を提起して、革命を支持→強制させる

そして、11の問題に対してその3政体がどのように対処してきたかを検討する。

専制的 共和的 全体的
住民の役割 受動的服従と社会的尊敬 自発的個人参加(の強制) 大衆参加と強制的に表明される熱狂
公的教義 忠誠は宗教的義務で、政府は神の秩序の一部 功利的かつ世俗的基盤(市民社会) イデオロギー
典型的な社会構造 高度に階層化されたカーストないし階級構造 中間階級ないしブルジョアジー (しばしば欺瞞に終わる民族的)平等主義
エリート集団 自己持続的かつ排他的集団 社会的特権を享受する、安定した政治的階級 (理論的には)完全な社会的流動性にもとづく業績主義集団
典型的政治制度 宮廷ないし宮殿 議会 単一政党
経済 農業経済 資本主義経済、最終的には混合経済 戦争経済または計画経済
財産に関する理論 身分を明らかに示す標識 目に見える価値の標識 (理論上)個人財産はない
法に対する態度 慣習的かつ神授的 慣習および制定法 歴史法則
知識に対する態度 知識は力であり、用心深く守られるべきもの 知識の断片化、道徳的事実と科学的事実の区別(相対主義) イデオロギーによってすべての知識が一体化、強制的学習
情報普及に対する態度 風刺 調査 宣伝
政治への態度 陰謀 調停 ブルジョア的偽善

個人的には全体主義への評価が興味深かったかな。全体主義は近代の産物?(そうじゃないっぽい) 革命は例外なく全体主義的になされる?(よくわからない……)

本書の興味は主に「近代」へフォーカスされている。その時間軸を「古代」「中世」へ移してみればまた違うかもしれない。