読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

シーニョアによる生産要素論

経済学
  • 労働
  • 自然的要素
  • 節欲(abstinence)

大多数の古典学派は(この三要素を認めるか)、あるいはペティの先例に従ってわずかに二つの本源的生産要素を認知するか(たとえば、J.S.ミルのごとし。今日はこの見解がベーム=バヴェルクの影響のもとに支配的である)、あるいはかかるものとしては単に労働のみを指すか――したがって「生産者」と「労働者」を同一視する――の傾向を示している。

経済学史―学説ならびに方法の諸段階 (岩波文庫 白 147-3)