読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

WebMatrix 2:お正月なのでいつもは書かないことを徒然なるままに

ASP.net Web Pages WebMatrix

f:id:daruyanagi:20130105035445p:plain

@{
    var hello = "Hello!";
}

<!DOCTYPE html>

<html lang="ja">
    <head>
        <meta charset="utf-8" />
        <title>マイ サイトのタイトル</title>
        <link href="~/favicon.ico" rel="shortcut icon" type="image/x-icon" />
    </head>
    <body>
        <p>@hello World!</p>
    </body>
</html>

これの結果は、当然“Hello! World!”ですね。

f:id:daruyanagi:20130105035453p:plain

さて、Razor 構文で変数を埋め込んだ

<p>@hello World!</p>

の部分は、

<p>@(hello) World!</p>

とも書いていい、というか、もともとこの形の省略なんだな(たぶん)。

括弧を省略した場合は、スペースや記号(要は C# の変数に使えない文字)、HTML タグの手前で一度区切られ、評価が行われる。だから、もし Hello! と World! の間にスペースを入れたくなければ、@(hello)World! と書いて明示的に括弧で区切りを示さなければならない。じゃないと、@(helloWorld)! と解釈される。

@() の内容は、その値が評価され(ToString() だと思えばいい)、無毒化のうえ(つまり HtmlEncode() やな)出力される。逆に言えば、@() の内容は値をもつ変数か関数でなくてはならない。

一方、@{} の中には文を記述する。文というのは、要は ; で終わっていたり、{} で囲まれたコードの塊。たとえば、Razor で括弧を省略せずに for 文を書くときは {} が使える。

<ul>
@{
    for(int i = 0; i < 10; i++)
    {
        <li>@(i)</li>
    }
}        
</ul>

わざわざこのように読みにくく書くことはないけど(ひとによってはこっちの方がいいか?)。

ちなみに、for や if のあとの {} の中身はまた少し特殊で(だから省略できないんだな……)、@{} 外と同じ感じで評価される。つまり、HTML タグと @() が使える。まぁ、理屈より書いて慣れた方が早い。Don't think, feel!

さてはて。

では、冒頭のコードで @(hello) の代わりに @{hello} を使うとどうなるでしょうか。

<p>@{hello} World!</p>

@{} には文(手続きや宣言)を記述しなければならなかった。なので、これは当然コンパイルエラーに……

f:id:daruyanagi:20130105040948p:plain

ぉ! エラーメッセージに ASP.NET が吐いた中間コードのパスが書いてありますな。試しに、これをちょっと覗いてみましょう。

f:id:daruyanagi:20130105041116p:plain

ほーほーほー(← あんまりよくわかっていない)。ちょっと面白いかも。

f:id:daruyanagi:20130105041554p:plain

この中間コードがおさまっているフォルダをのぞいてみると、大量の意味不明なファイルがたくさん。「裏でいろんなことをしてるんだなぁ」ってのが分かると思う。

ちなみに、冒頭のコンパイル可能なコードの大まかな構造はこんな感じだった。

namespace ASP
{
    using System;
    using System.Collections.Generic;
    using System.IO;
    using System.Linq;
    using System.Net;
    using System.Web;
    using System.Web.Helpers;
    using System.Web.Security;
    using System.Web.UI;
    using System.Web.WebPages;
    using System.Web.WebPages.Html;
    using WebMatrix.Data;
    using WebMatrix.WebData;
    
    
    public class _Page_Default_cshtml : System.Web.WebPages.WebPage
    {
#line hidden
        public _Page_Default_cshtml()
        {
        }
        
        protected System.Web.HttpApplication ApplicationInstance
        {
            get {
                return ((System.Web.HttpApplication)(Context.ApplicationInstance));
            }
        }
        
        public override void Execute()
        {    
#line 1 "C:\Users\Hidetoshi Yanagi\Documents\My Web Sites\空のサイト\Default.cshtml"
            var hello = "Hello!";
#line default
#line hidden

            BeginContext("~/Default.cshtml", 32, 28, true);
            WriteLiteral("\r\n\r\n<!DOCTYPE html>\r\n\r\n<html");
            EndContext("~/Default.cshtml", 32, 28, true);

            :

            BeginContext("~/Default.cshtml", 271, 5, false);
#line 14 "C:\Users\Hidetoshi Yanagi\Documents\My Web Sites\空のサイト\Default.cshtml"
            Write(hello);
#line default
#line hidden
            EndContext("~/Default.cshtml", 271, 5, false);

            BeginContext("~/Default.cshtml", 276, 35, true);
            WriteLiteral(" World!</p>\r\n    </body>\r\n</html>\r\n");
            EndContext("~/Default.cshtml", 276, 35, true);
        }
    }
}

Razor 構文で記述した部分が、まるごと WebPageExecutingBase.Execute メソッド (System.Web.WebPages) になるのですね。@{} 内はそのまま、@() は BeginContext()~Write()~EndContext()、そのほかの HTML タグなどは BeginContext()~WriteLiteral() ~EndContext()で逐次書き込まれる感じ。

もっと Razor について知りたい人は、@shibayan にでも聞けばいいんじゃないかない。万世の屋上でも奢ればしゃべってくれると思うよ。