読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

WebMatrix 2:OAuth でログインする(2)

ASP.net Web Pages WebMatrix

WebMatrix 2:OAuth でログインする - だるろぐ の続き。今回は“空のサイト”テンプレートから、OAuth によるログイン処理を書いていくことにする。まぁ、“スターターサイト”テンプレートのコードを読めば分かる人もいると思うけど、こういうのは一度自分で書いてみるに限ると思う。

NuGet で必要なものをインストール

f:id:daruyanagi:20130203152828p:plain

MuGet で NuGet Gallery | Microsoft WebPages OAuth library 2.0.20710.0 をインストール。

まえにやったとき(さて、WebMatrix で OAuth 認証を……Σ(゚д゚lll)ガーン - だるろぐ)はインストールできなかったのだけど、今はできるようになってる。何が悪かったのかな? ま、直ってるならいいや。

f:id:daruyanagi:20130203153208p:plain

これをインストールすると、 DotNetOpenAuth を初めとする必要なライブラリも同時にインストールされる。DotNetOpenAuth 系はいろいろあってどれを入れていいのかよくわからないけれど、Microsoft WebPages OAuth library をいれておけばおっけーなのかな。

~/_AppStart.cshtml

Web サイトを初めて実行するときにロードされる ~/_AppStart.cshtml で、初期設定を行う。

@{
    // いろんなところで使うので、グローバルにアクセスできるようにしとくか
    App.Database = "Database";

    // ユーザー管理用のテーブルを初期化・作成
    WebSecurity.InitializeDatabaseConnection(
        App.Database,
        "UserProfile", "UserId", "UserName",
        autoCreateTables: true);

    // Google の OAuth を使います!
    OAuthWebSecurity.RegisterGoogleClient();
}

WebSecurity.InitializeDatabaseConnection は以前(WebMatrix でユーザー認証機能 ―― 準備編 - だるろぐ)も使った。OAuth のときもこれを使うみたいだね。

~/Account/Login.cshtml

お次はログインフォーム。

@{
    Page.Title = "ログイン";

    var provider = Request.Form["provider"];
}

@{  // POST のときは外部サイトの認証ページへ飛ばす

    if (!provider.IsEmpty() && IsPost)
    {
        AntiForgery.Validate(); // CSRF 対策

        // 外部認証サービスでの認証を行う
        // 成功したら ~/Account/RegisterService.cshtml を開く
        OAuthWebSecurity.RequestAuthentication(
            provider,
            Href("~/Account/RegisterService")
        );

        return;
    }
}

@{  // GET のとき(だけじゃないけど)は、
    // 外部認証サービスを選択するフォームを表示する

    if (OAuthWebSecurity.RegisteredClientData.Count == 0)
    {
        <p>外部認証サービスが構成されていません。</p>
    }
    else
    {
        <form method="post">
            @AntiForgery.GetHtml()
            <p>
            @foreach (var client in OAuthWebSecurity.RegisteredClientData)
            {
                <button type="submit" name="provider"
                    value="@client.AuthenticationClient.ProviderName"
                    title="@client.DisplayName アカウントを使用してログイン">
                    @client.DisplayName
                </button>
            }
            </p>
        </form>
    }
}

f:id:daruyanagi:20130203155104p:plain

このボタンを押すと、

f:id:daruyanagi:20130203155926p:plain

Google の認証ページに飛ぶはず。

~/Account/RegisterService.cshtml

Google での認証が成功すると、このページに着地する。まぁ、名前は好きにすればいいと思う。

@{
    Page.Title = "登録";
}

<dl>
@foreach (var key in Request.Params.Keys)
{
    <dt>@key</dt>
    <dd>@Request.Params[key.ToString()]</dd>
}
</dl>

f:id:daruyanagi:20130203160114p:plain

今回はパラメーターを列挙するだけにしておいた。ほんとはここから

  • 認証がうまくいったか
  • 認証データの取り出し
  • このサイトでの認証とデータベースへの登録

などを行わないといけない。外部認証サービスによって返ってくるデータは微妙に違うけれど、

などを使うことによって、統一的に扱えるようなので安心……という感じのようだ。知らんけど。

今日のところは、ここまで。