読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

WebMatrix 2: Markdown を汎用的に拡張する仕組みを考えてみる

ASP.net Web Pages WebMatrix

Markdown は覚えやすくて書きやすいのだけれど、とても非力に感じる。一応 HTML タグの埋め込みも可能なので、原理的にはなんでも書けるのだけれど、たとえばルビを振りたい場合、

国民の<ruby>税金<rp>(</rp><rt>ぜいきん</rt><rp>)</rp></ruby>を2億円使うなんて

などといちいち書くのは、読みにくいし第一めんどくさい。もっと簡単に、たとえば、

国民の[[ruby|税金|ぜいきん]]を2億円使うなんて

などのような、[[コマンド|引数1|引数2...]] といった記法で書ければどうだろう。なるべく規約ベースとし、Hoge コマンドは Hoge / HogeHelper ヘルパーの GetHtml() メソッドを呼び出すようにする。

# App_Code/RubyHelper.cshtml

@helper GetHtml(string text, string ruby){
    <ruby>@text<rp>(</rp><rt>@ruby</rt><rp>)</rp></ruby>
}

これならば、Markdown の拡張だけでなく、普通の cshtml でも利用できてよいと思う。

国民の@RubyHelper.GetHtml("税金", "ぜいきん")を2億円使うなんて

実装

とりあえずこんな感じにしてみた。

@using System.IO
@using System.Reflection
@using System.Text.RegularExpressions

@functions {
    private string Camelize(string input)
    {
        if (input.Length == 0) return input;

        var chars = input.ToArray();
        chars[0] = char.ToUpper(chars[0]);
        return string.Join(string.Empty, chars);
    }
}

@{
    // テストテキストをロード
    var text = File.ReadAllText(Server.MapPath("~/Test.txt"));
    
    // HtmlHelper の子孫を列挙して型名-型ディクショナリを作成
    var type_table = AppDomain.CurrentDomain
        .GetAssemblies()
        .SelectMany(_ => _.GetTypes())
        .Where(_ => _.IsSubclassOf(typeof(HelperPage)))
        .ToDictionary(_ => _.ToString(), _ => _);
    
    // [[...]] 構文を置換
    var regex = new Regex(@"\[\[(?<params>[^\[\]\r\n]*)\]\]");
    text = regex.Replace(text, (MatchEvaluator)((match) =>
        {
            // [[...]]構文の書式
            // - [[コマンド|引数1|引数2|...]]
            // - [[引数1|引数2|引数3...]] : Link コマンドと解釈(規定)
            var p = match.Groups["params"].Value.Split('|');
            
            // コマンド名は Hoge, HogeHelper ... を許容
            var helper_table = new string[] {
                string.Format("ASP.{0}", Camelize(p[0])),
                string.Format("ASP.{0}Helper", Camelize(p[0])),
            };

            Type helper = null; 
            MethodInfo method = null;
            string[] args = null;

            // 型名-型ディクショナリから、メソッド
            // (Type: p[0]).GetHtml(p[1], p[2]...) 
            // をもつ HtmlHelper を探す
            var result = helper_table.FirstOrDefault(name =>
            {
                if (type_table.TryGetValue(name, out helper))
                {
                    args = p.Skip(1).ToArray();
                    method = helper.GetMethod(
                        "GetHtml",
                        args.Select(_ => _.GetType()).ToArray()
                    );
                }
                return method != null;
            });

            // 見つからなかった場合は、既定の型・メソッドを利用する
            if (string.IsNullOrEmpty(result)) 
            {
                helper = typeof(LinkHelper);
                args = p;
                method = helper.GetMethod(
                    "GetHtml",
                    args.Select(_ => _.GetType()).ToArray()
                );
            }
        
            // メソッドを実行
            return (method.Invoke(helper, args) as HelperResult)
                .ToHtmlString().ToString().Trim();
        }
    ));

    var m = new MarkdownSharp.Markdown();
    text = m.Transform(text);
}

<!DOCTYPE html>

<html lang="ja">
    <head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8"/>
        <meta charset="utf-8" />
        <title>マイ サイトのタイトル</title>
        <link href="~/favicon.ico" rel="shortcut icon" type="image/x-icon" />
    </head>
    <body>
        @Html.Raw(text)
    </body>
</html>

当初、型名->型 を解決するには Type.GetType() でいけると思っていたのだけど、引数として渡す型名にはアセンブリ名やバージョンを含めた完全修飾名が必要みたい。つまり

var _type = Type.GetType("ASP.RubyHelper");

ではだめで、

var _type = Type.GetType("ASP.RubyHelper, ***, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=****");

みたいな感じじゃないとダメらしい。ASP.NET の仕組みはイマイチわかっていないのだけれど、裏でコードをコンパイルして、それを実行してるのだと思う。そのアセンブリ名なんて、実行時にはわかんないよね?

しょうがないので、今回は AppDomain にある HelperPage 派生クラス(ヘルパー)を列挙してディクショナリを用意し、型名->型 を解決する方法をとった。ヘルパーに限定したのは、全部突っ込もうとするとキーとなる型名の衝突があって、ToDictionary() が失敗するから。

コマンドを規約通りに検索してみつからない場合は、LinkHelper というリンク生成のためのヘルパーを既定のヘルパーとして呼んでいる。内容はごく簡単なもの。

@helper GetHtml(string url)
{
    <a href="@url">@url</a>
}

@helper GetHtml(string url, string title)
{
    <a href="@url" title="@title">@title</a>
}

ちなみに、Camelize() は簡易実装なのでみないふりしてほしい(寄り道: string クラスの拡張 - だるろぐ)。あと、エラーチェックがぬるい。たとえば、引数の数をわざと多くするとエラーになる。

実験

とりあえず手元ではだいたい動いたので、試しに NuGet から適当なヘルパーを取得して、それを Markdown から呼び出せるかやってみた。

f:id:daruyanagi:20130224152749p:plain

QRCode ヘルパーは、その名もズバリ、QRCode が生成できるヘルパー。このヘルパーは

@QRCode.Render("http://daruyanagi.net/")

という感じで呼び出すので、残念ながらそのままでは使えない。App_Code/QRCodeHelper.cshtml という補助ヘルパーを別途用意した(NuGet で取得したコードにはあまり手を入れたくないので)。

@helper GetHtml(string data){
	<img src="@Href("~/QRCodeImage.cshtml", new{data, scale = 3})" alt="@data" />
}

あとは、[[QRCode|http://daruyanagi.net/]]という記法を Markdown に埋め込むと……

f:id:daruyanagi:20130224153033p:plain

こんな感じになる。GetHtml() メソッドをもつヘルパーだったら、無加工でそのまま利用できる!