読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

WebMatrix 3: Windows Store oEmbed API を利用する

WebMatrix ASP.net Web Pages

Windows Store oEmbed API は、なかなかいいですね。ブログにこんなかんじでストアアプリの情報が貼り付けられます。

使い方などは以下の URL を参照してください。

またストアアプリを作りたくなりました(ぁ

WebMatrix 3 で Windows Store oEmbed API を利用する

Windows Store oEmbed API と jquery-oembed を組み合わせて使う方法 - しばやん雑記 のように JavaScript(クライアントサイド)で利用するのがよいと思いますが、C#(サーバーサイド)で使うこともできます。説明するのは面倒なので、コードだけおいておきます。APS.NET の“空のサイト”を作成し、Default.cshtml を以下のように編集してください。

@{
    const string API_ENDPOINT = @"http://wsoembed.com/oembed";
    const string APP_URL = @"http://apps.microsoft.com/windows/ja-jp/app/86b6ecdc-e810-4aa2-9bdb-bb0da5b34737";
    
    var url = string.Format("{0}?url={1}", API_ENDPOINT, APP_URL);
    var response = string.Empty;

    using (var downloader = new WebClient(){ Encoding = System.Text.Encoding.UTF8 })
    {
        response = downloader.DownloadString(url);
    }

    var json_object = Json.Decode(response);
}

<!DOCTYPE html>

<html lang="ja">
    <head>
        <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8"/>
        <meta charset="utf-8" />
        <title>マイ サイトのタイトル</title>
        <link href="~/favicon.ico" rel="shortcut icon" type="image/x-icon" />
    </head>
    <body>
        <h1>Query</h1>
        <p>@url</p>

        <h1>JSON</h1>
        <pre>
@response
        </pre>
        
        <h1>json_object Member</h1>
        <p>var json_object = Json.Decode(response);</p>
        <ul>
        @foreach(var member in json_object.GetDynamicMemberNames())
        {
            <li>json_object.@member</li>
        }
        </ul>
        
        <h1>Html.Raw(json_object.html)</h1>
        @Html.Raw(json_object.html)
    </body>
</html>

結果はこんなかんじです。

f:id:daruyanagi:20130718032449p:plain

API_ENDPOINT を叩けば JSON が返ってくるので、JSON ヘルパーを利用してオブジェクトにしてやりましょう。このオブジェクトは dynamic なので、json_object.html などとしてやれば値がとれます。大文字小文字に注意してね ☆(ゝω・)vキャピ

Windows Store oEmbed API ヘルパー

こんなコード、毎回書くのは面倒なので、ヘルパーにしてしまいましょう。ルートフォルダーに App_Code フォルダーを作成し、WindowsStore.cshtml を作成します。中身はこんな感じ。

@helper GetHtml(string app_id) {
    // app_id が url で渡されても許容する
    app_id = app_id.Split('/').Last();

    const string API_ENDPOINT = @"http://wsoembed.com/oembed";
    const string APP_BASEURL = @"http://apps.microsoft.com/windows/ja-jp/app/";
    
    var url = string.Format("{0}?url={1}", API_ENDPOINT, APP_BASEURL + app_id);

    using (var downloader = new WebClient(){ Encoding = System.Text.Encoding.UTF8 })
    {
        var response = downloader.DownloadString(url);
        var json_object = Json.Decode(response);

        @Html.Raw(json_object.html)
    }
}

使い方はこんな感じ。Default.cshtml の最後の方にでも書き足してみてください。

        :
        :
        <h1>Helper</h1>
        @WindowsStore.GetHtml(APP_URL)

        @WindowsStore.GetHtml("86b6ecdc-e810-4aa2-9bdb-bb0da5b34737")
    </body>
</html>

結果はこんなかんじです。

f:id:daruyanagi:20130718033142p:plain

ja-jp で決め打ちになっているのはアレなので、

@helper GetHtml(string app_id, string locale = "en-us") {
    :
    :

みたいなシグネチャの方がいいのかもしれませんね。