読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

WebMatrix 3: Twitter でログインしてアクセストークン(秘)を取得する

ASP.net Web Pages WebMatrix Windows開発 ASP.net

WebMatrix 3: Twitter でログインする - だるろぐ でめでたく Twitter でのログインが実現できたのだけど、実はひとつ問題があった。

f:id:daruyanagi:20130905064941p:plain

AccessTokenSecret が取れない。

自分もあんまりよくわかっていないのだけど、Twitter の API を利用するには以下の情報が必要であるみたい。

f:id:daruyanagi:20130911233354p:plain

まず、これ。アプリが Twitter へアクセスするために必要。

  • ConsumerKey
  • ConsumerSecret

次に、これ。ユーザーに成り代わって Twitter の API を使うために必要。

  • AccessKey
  • AccessKeySecret

アプリの登録画面で取得できる AccessKey/AccessKeySecret はアプリを登録したユーザーのアクセスキー。このアプリにログインしたユーザーとして API を利用するには、そのユーザーに対して発行される AccessKey/AccessKeySecret が必要だ。

でも、OAuthWebSecurity では ExtraData から AccessKey をもらうことはできても、AccessKeySecret まではくれないみたい。

f:id:daruyanagi:20130912000225p:plain

通信を Fiddler でみてみた。ちゃんと authorize したあとに access_token している(ここで AccessKey がもらえる)から、ついでに AccessKeySecret もとってきてくれてもよさそうなのだけど。なにか理由があるのかもしれないが、これではちょっと困る。

これを解決するには、Twitter プロバイダーを自分で実装すればよいようだ。

// ~/App_Code/TwitterClient.cs

using DotNetOpenAuth.AspNet;
using DotNetOpenAuth.AspNet.Clients;
using DotNetOpenAuth.Messaging;
using DotNetOpenAuth.OAuth;
using DotNetOpenAuth.OAuth.ChannelElements;
using DotNetOpenAuth.OAuth.Messages;
using System.Collections.Generic;

// http://stackoverflow.com/questions/12198734/getting-twitter-access-secret-using-dotnetopenauth-in-mvc4

public class TwitterClient : OAuthClient
{
    /// <summary>
    /// The description of Twitter's OAuth protocol URIs for use with their "Sign in with Twitter" feature.
    /// </summary>
    public static readonly ServiceProviderDescription TwitterServiceDescription = new ServiceProviderDescription
    {
        RequestTokenEndpoint =
            new MessageReceivingEndpoint(
                "https://api.twitter.com/oauth/request_token",
                HttpDeliveryMethods.GetRequest | HttpDeliveryMethods.AuthorizationHeaderRequest),
        UserAuthorizationEndpoint =
            new MessageReceivingEndpoint(
                "https://api.twitter.com/oauth/authenticate",
                HttpDeliveryMethods.GetRequest | HttpDeliveryMethods.AuthorizationHeaderRequest),
        AccessTokenEndpoint =
            new MessageReceivingEndpoint(
                "https://api.twitter.com/oauth/access_token",
                HttpDeliveryMethods.GetRequest | HttpDeliveryMethods.AuthorizationHeaderRequest),
        TamperProtectionElements = new ITamperProtectionChannelBindingElement[] { new HmacSha1SigningBindingElement() },
    };

    public TwitterClient(string consumerKey, string consumerSecret) :
        base("twitter", TwitterServiceDescription, consumerKey, consumerSecret) { }
    protected override AuthenticationResult VerifyAuthenticationCore(AuthorizedTokenResponse response)
    {
        string accessToken = response.AccessToken;
        string accessSecret = (response as ITokenSecretContainingMessage).TokenSecret;
        string userId = response.ExtraData["user_id"];
        string userName = response.ExtraData["screen_name"];

        var extraData = new Dictionary<string, string>()
                            {
                                {"accesstoken", accessToken},
                                {"accesssecret", accessSecret}
                            };
        return new AuthenticationResult(
            isSuccessful: true,
            provider: ProviderName,
            providerUserId: userId,
            userName: userName,
            extraData: extraData);
    }
}

結果はこんな感じ。いつもどおり ObjectInfo.Print() で中身を見てみたよ。

f:id:daruyanagi:20130912115257p:plain

実装としてどうするのが理想的なのかはよくわからないけれど、とりあえずユーザーを管理するテーブルを拡張して、アクセスキーを保管しておくのとかどうでしょうか。

@{
    var returnUrl = Request["returnUrl"];

    // ログインの検証
    var result = OAuthWebSecurity.VerifyAuthentication(  
         Href("LogonCallBack", new { ReturnUrl = returnUrl })
    );

    if (result.IsSuccessful)
    {
        // ログインが成功すると、
        // - provider: twitter
        // - ProviderUserId: twitter の ID
        // - UserName: twitter のスクリーンネーム
        // の3つが得られる。自動補完が効かないので変数に入れとく
        var provider = result.Provider;
        var providerUserId = result.ProviderUserId;
        var userName = result.UserName;
        var accessToken = result.ExtraData["accesstoken"];
        var accessTokenSecret = result.ExtraData["accesssecret"];

        <p>@ObjectInfo.Print(result.ExtraData)</p>

        // ユーザー名が Users テーブルに存在しない場合、
        // あらかじめユーザー名を追加しておく。
        // でないと CreateOrUpdateAccount() でコケる
        using (var db = Database.Open("kenzou-memo"))
        {
            const string SELECT = "SELECT * FROM USERS WHERE Name=@0";
            const string INSERT = "INSERT INTO Users (Name, AccessToken, AccessTokenSecret) VALUES (@0, @1, @2)";
            const string UPDATE = "UPDATE Users SET AccessToken=@1, AccessTokenSecret=@2 WHERE Name=@0";

            if (db.QuerySingle(SELECT, userName) == null) // この処理を追加してみました
            {
                db.Execute(INSERT, userName, accessToken, accessTokenSecret);
            }
            else
            {
                db.Execute(UPDATE, userName, accessToken, accessTokenSecret);
            }
        }

        // CreateOrUpdate とか言ってるけど、
        // やってることは Users テーブルと内部管理テーブルの紐づけ
        OAuthWebSecurity.CreateOrUpdateAccount(
            provider,
            providerUserId,
            userName);

        // ログインチケットの発行
        OAuthWebSecurity.Login(
            provider,
            providerUserId,
            createPersistentCookie: true);

        Response.Redirect(returnUrl);        
    }
    else
    {
        // ログインに失敗したときの処理
    }
}

自分でプロバイダーを実装するのはそこはかとなくめんどくさいけれど、丸コピで動くのでまぁ、よし。プロバイダーをどうやって実装するのかも少し分かったし。練習として、ほかのサービスを実装してみるのもよいかもしれない。最近なんかだと GitHub なんかが需要ありそうだ。