読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

『25歳の艦長海戦記―駆逐艦「天津風」かく戦えり』

読書

25歳の艦長海戦記―駆逐艦「天津風」かく戦えり (光人社NF文庫)

25歳の艦長海戦記―駆逐艦「天津風」かく戦えり (光人社NF文庫)

宇和島へ向かう特急「宇和海」の中で読破。なんでこの本を手に取ったのかというと、

f:id:daruyanagi:20140511213800p:plain

まぁ、こういうわけなんですよね。このツンデレがどんな戦いをしたのか、見届けてやろう。

本書は内容的に3部構成になるのかな。

  1. 駆逐艦「霞」の水雷長時代(捷一号作戦と礼号作戦)
  2. 駆逐艦「天津風」の艦長時代(「ヒハハJ」船団と「ホモ〇三」船団)
  3. 泗礁山部隊の指揮官時代

駆逐艦「霞」時代の話は、『キスカ島 奇跡の撤退: 木村昌福中将の生涯』 - だるろぐ とカブるところもあるので割愛。で、メインの「天津風」の話だけど――登場したときには魚雷で船首部分を砕かれ、応急の艦首をつけたサイボーグ状態だった /(^o^)\

f:id:daruyanagi:20140511220052g:plain

(だいたいこんな感じっぽい)

「天津風」は一番煙突から前部が戦没、残った船体は一番煙突から後部の六十七・五メートル、罐(ボイラー)は三罐中一缶が健在、機械(推進器を含む)は完全、発揮可能速力二十ノット(船体強度からの制約)。

一応、仮の艦首と艦橋がつけてあるが、主砲は十二・七センチ砲が6門から4門に減り、指揮装置である方位板が艦橋とともに失われているため、照準は砲側で当てずっぽうにやるしかない。また、推測兵器の装備がないため、潜水艦の発見は目視に頼るしかない。機銃は多少増強されたが、十分ではない。

f:id:daruyanagi:20110711200833j:plain

(極端に前部が寸詰まりになった「天津風」)

けれど、海軍としては「天津風」はただの陽炎型駆逐艦ではない。特製の高温高圧缶を搭載した、貴重なプロトタイプ。是非とも内地に回航して、完全に修理しかかった。そこで、海防艦などに護衛されて内地に物資を運ぶ「ヒハハJ」船団に便乗させてもらって、内地に向かうことになった。

f:id:daruyanagi:20140510163900j:plain

(×印があるのが、戦没艦の位置)

結果は惨憺たるもので、敵攻撃機の空襲を何度も減るうちに艦艇は漸減。最後は「天津風」1艦になってしまう。

f:id:daruyanagi:20140511220848j:plain

USAAF B-25 sinks Japanese destroyer Amatsukaze off the coast of Xiamen, China, 6 April 1945 より。攻撃されているのは「天津風」とされているけれど、前部砲塔があるし、本書の掲載写真と見比べるに、どうやら第一号海防艦っぽい)

「天津風」は大破した僚船「満珠」(択捉型海防艦)から機銃を譲り受けて対空性能を強化。なんとか B-25 を撃退して厦門港にたどりつくも、そこで力尽きて擱座する。1945年4月10日。

海防艦についてわりかし詳しく書いてあったのが面白かった。あと、対空戦闘の割りの合わなさへの言及が印象深い。

これらの装備をみると、たかが中型機一機というのは、実態を知らぬ人の言い分で、優に海防艦一隻の戦力を上回っている。

しかもかたや乗員六名、海防艦は百八十名。一艦を失うことは三十倍の戦闘員を失うことであり、繰り返しになるが、まったくわりの合わない戦闘である。