読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

WebMatrix: JR四国が止まったので、運行情報の取得プログラム作るのが捗った。

WebMatrix

f:id:daruyanagi:20150125141900p:plain

密かに待ってました。人身事故ってのがちょっと胸痛むけれど。すみません。でも、これで運行に遅延が発生した時にどんなコードが吐かれるのかわかったやで。

遅れがないとき。

<div ID="delay_info">
    <div class="no_delay">◇現在、遅れ等の情報はありません。</div>
</div>

遅れがあるとき。

<div ID="delay_info">
    <p>◇現在、以下のエリアで影響が出ています(*:**更新)。</p>

    <h4>徳島線</h4>
    <h5>徳島線(牛島駅構内) 運転再開</h5>
    <p>徳島線では……<br>※高徳線の列車は……</p>
</div>

同じ路線で複数の遅延情報があるケースも考えられるだろうので、タグはこんな感じになるんだろう(と思う)。

p

h4
    h5
    p
    
    h5
    p
    :
h4
    h5
    p
    
    h5
    p
    :

というわけで、これをいい感じにデータオブジェクトに変換していくわけれだけれど、どうしよう。

とりあえず HtmlAgilityPack でやってみた。

public class DelayInfo
{
    public string Line { get; set; }
    public string Status { get; set; }
    public string Message { get; set; }
}

public static List<DelayInfo> GetJRShikoku()
{
    const string key = "jrshikoku";
    const string url = "http://www.jr-shikoku.co.jp/info/";

    // キャッシュを探す
    var result = WebCache.Get(key) as List<DelayInfo>;

    // キャッシュがヒットしなければ、情報の取得
    if (result == null)
    {
        using (var client = new WebClient())
        {
            // !!
            client.Encoding = Encoding.GetEncoding("Shift_JIS");

            var doc = new HtmlAgilityPack.HtmlDocument();
            var src = client.DownloadString(url);

            doc.LoadHtml(src);

            var nodes = doc.DocumentNode
                // div#delay_info タグを探す
                .SelectSingleNode(@"//div[@id=""delay_info""]")
                // 直下のノードを列挙
                .ChildNodes
                // 改行・コメントなどのノードは読み飛ばす
                .Where(_ => _.NodeType == HtmlNodeType.Element)
                // 最初の div#no_delay や p は読み飛ばす
                .Skip(1); 

            var line = string.Empty;
            var status = string.Empty;

            result = new List<DelayInfo>();

            foreach (var node in nodes)
            {
                switch (node.Name)
                {
                    case "h4": // 線名を記憶
                        line = node.InnerText;
                        continue;
                    case "h5": // "徳島線(牛島駅構内) 運転再開"を記憶
                        status = node.InnerText;
                        continue;
                    case "p":  // p タグを見つけたらデータをプッシュ
                        result.Add(new DelayInfo()
                        {
                            Line = line,
                            Status = status,
                            Message = node.InnerText,
                        }); 
                        break;
                    default:
                        // Do Nothing
                        break;
                }
            }
            
            // 遅延情報が見つからなかった場合、全線正常のデータをプッシュ
            if (result.Count == 0)
            {
                result.Add(new DelayInfo()
                {
                    Line = "全線",
                    Status = "正常運行",
                    Message = "現在通常通り運行しております。",
                });
            }
        }
    }

    return result;
}

f:id:daruyanagi:20150125143551p:plain

ビューでこのデータを適当にレンダリング。まぁ、まぁ、いい感じかもしれない。もっといろんなケースを見てみたかったけれど、とりあえずこれが正しいとして、Twitter BOT でも実装してみるかな。