読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるろぐ

とてもだるだるした日記です http://about.daruyanagi.jp/

お知らせ

「女性は2人以上産むことが大切」発言は何がおかしいのか

時事問題

今から日本の将来にとって、とても大事な話をします。特に女子の人は、まず顔を上げて良く聴いてください。女性にとって最も大切なことは、こどもを二人以上生むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。

大阪の中学校長「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むこと」(発言詳報)

「価値」という言葉を無造作に使う人がいるが、これはやめておいた方がいい。少なくとも、使う場合は「主体」を意識した方がいい。

「価値」は、基本的に主体的でしかありえない。これは客観的な価値というものを考えてみればわかる。客観的な価値とは、

  • (以上、以下などと)比較可能であること
  • (計測可能であること)

という条件を満たさなければならない(後者は必須ではないが)。実際、経済学が“科学的に”扱う「価値」とは、貨幣との比較が可能≒比として表せる≒価格がつけられる「客観的価値」でしかない。この価値は交換過程(≒市場)に投げ込まれて初めて露わになるので、「交換価値」とも呼ばれる。

つまり、おカネの話でもない限りは、「価値」とはすなわち「主観的価値」のことを指す。

さて、「主観的価値」というのは、とどのつまり、自分がどう感じるかだ。これは誰かに――たとえば市場によって――決められるものではない。自分でしか決められないし、自分で決めるべきものだ。なので、そこにはかならず「主体」というものがある。

なぜなら、こどもが生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。しかも、女性しか、こどもを産むことができません。男性には不可能なことです。

「女性が、こどもを二人以上産み、育て上げると、無料で国立大学の望む学部を能力に応じて入学し、卒業できる権利を与えたら良い」と言った人がいますが、私も賛成です。子育てのあと、大学で学び医師や弁護士、学校の先生、看護師などの専門職に就けば良いのです。子育ては、それ程価値のあることなのです。

もし、体の具合で、こどもに恵まれない人、結婚しない人も、親に恵まれないこどもを里親になって育てることはできます。

次に男子の人も特に良く聴いてください。子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません。

人として育ててもらった以上、何らかの形で子育てをすることが、親に対する恩返しです。

子育てをしたら、それで終わりではありません。その後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくことです。少子化を防ぐことは、日本の未来を左右します。

やっぱり結論は、「今しっかり勉強しなさい」ということになります。以上です。

件の校長先生の話は、一つの者の見方としてはアリだと思う。けれど、彼が語る「価値」とは、日本という社会にとって望ましい、社会の立場での主観的な価値でしかないし、それを女の子が身につけなければならないなんてことはないはず。一つの選択肢として示すだけならばともかく、「主体」が多様であることを考慮せず、あたかも共有すべき・共有できる「客観的(≒普遍的)価値」として表現したのはまずかった。

議論が普遍的であるなら、同じロジックが主語を入れ替えても成り立つべきだが、たぶん今回の件はそうじゃない。

僕も含めて、こうした間違った言葉の使い方・考え方はよくやってしまうものだが、これは「(主観的)価値なんか到底共有できない」という前提に返ることである程度防止することができる。もし社会の要請する「価値」通りに行動してもらいたいのであれば、それを「価値」として説くのではなく、どのようすれば受け入れられるか、双方が歩み寄れるのかを議論するようにすべきだろう。中学生には難しすぎるだろうか? むしろよい題材だと思うのだが。

――まぁ、それはともかく。

居酒屋でおっさんが持論を展開しているだけなら「あぁ、そうかもしれませんね」と聞き流せばいい話だが、教育の現場で、長たる校長先生による話としては稚拙だった。公的立場にある人なのだから、こうしたことに関しては敏感であってほしいものだと思う。ましてや、次世代を担う若者を指導する教育者なのだからね。あなたが教えないと、鈍感な人間が再生産されることになる。

応用問題

  • 「付加価値を生む」などと言われることがあるが、それは「誰」にとっての「価値」なのだろうか。
  • 「苦労して働いた分は支払ってもらって当然である」という考えに潜む問題点を指摘せよ。